教会の基本的考え
礼 拝 案 内
牧 師 紹 介
説 教 集
元気の出る聖書の言葉
本 の 紹 介
掲 示 板
お問い合わせ
メンバーのページ
Podcast配信

「あなたこそ神の王座」

ルカの福音書第2章1節〜20節

岩本遠億牧師

2021年12月19日

“そのころ、全世界の住民登録をせよという勅令が、皇帝アウグストゥスから出た。これは、キリニウスがシリアの総督であったときの、最初の住民登録であった。人々はみな登録のために、それぞれ自分の町に帰って行った。

ヨセフも、ダビデの家に属し、その血筋であったので、ガリラヤの町ナザレから、ユダヤのベツレヘムというダビデの町へ上って行った。身重になっていた、いいなずけの妻マリアとともに登録するためであった。

ところが、彼らがそこにいる間に、マリアは月が満ちて、
男子の初子を産んだ。そして、その子を布にくるんで飼葉桶に寝かせた。宿屋には彼らのいる場所がなかったからである。

さて、その地方で、羊飼いたちが野宿をしながら、羊の群れの夜番をしていた。すると、主の使いが彼らのところに来て、主の栄光が周りを照らしたので、彼らは非常に恐れた。

御使いは彼らに言った。「恐れることはありません。見なさい。私は、この民全体に与えられる、大きな喜びを告げ知らせます。今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになりました。この方こそ主キリストです。

あなたがたは、布にくるまって飼葉桶に寝ているみどりごを見つけます。それが、あなたがたのためのしるしです。」

すると突然、その御使いと一緒におびただしい数の天の軍勢が現れて、神を賛美した。「いと高き所で、栄光が神にあるように。地の上で、平和がみこころにかなう人々にあるように。」

御使いたちが彼らから離れて天に帰ったとき、羊飼いたちは話し合った。「さあ、ベツレヘムまで行って、主が私たちに知らせてくださったこの出来事を見届けて来よう。」

そして急いで行って、マリアとヨセフと、飼葉桶に寝ているみどりごを捜し当てた。それを目にして羊飼いたちは、この幼子について自分たちに告げられたことを知らせた。
聞いた人たちはみな、羊飼いたちが話したことに驚いた。
しかしマリアは、これらのことをすべて心に納めて、思いを巡らしていた。

羊飼いたちは、見聞きしたことがすべて御使いの話のとおりだったので、神をあがめ、賛美しながら帰って行った。”

ルカの福音書 第2章1~20節

一般的な王座の理解=そこに座る者が王であることを証する

→国の威信をかけて、権威の象徴と言うべき、意匠を凝らした高価な椅子を作る:複製厳禁

→唯一無二の座が権威の裏付けとなる

人は自分の価値の裏付けを求める
・物質的豊かさ
・知識、学歴、身体能力、美貌、
・家柄、良い家族
→このようなことに欠乏を覚える
→自分の価値に不安を覚える

人となった神、イエス・キリストは、自分の価値を何かによって保証される必要がない。

何故キリストは、飼馬桶(家畜の餌箱)に生まれたのか?

家畜の餌箱の誕生も、誰一人受け入れることのなかった誕生も、イエス・キリストの価値を減じることはできなかった。

物質的な豊かさが祝福、人から受け入れられることが祝福という価値観(悪魔が人に吹き込んだ価値観)をイエスは、生まれた時から超越し、悪魔に勝利しておられた。

“主はこう言われる。「天はわたしの王座、地はわたしの足台。あなたがたがわたしのために建てる家は、いったいどこにあるのか。わたしの安息の場は、いったいどこにあるのか。これらすべては、わたしの手が造った。それで、これらすべては存在するのだ。──主のことば──わたしが目を留める者、それは、貧しい者、霊の砕かれた者、わたしのことばにおののく者だ。”イザヤ書 66章1~2節

主の憩いの場、主の王座
=貧しい者、霊の砕かれた者、主のことばにおののく者

自分の価値を求め、人に受け入れられること、認められることだけを求めてきた人生。

しかし、主は、この心を、この体を求めてきてくださった。

家畜の餌箱に劣るこの心。
主をお迎えするに相応しくないこの心。
主がここをご自分の王座とするために来てくださったと聖書は語る。

羊飼達の招き

羊飼いたち=社会の最も下層の人たち。家族を持つことも、裁判を受ける権利もなかった。城壁のある街に住む豊かな人々が所有する羊たちを育てる。人に受け入れられる、認められるということと無縁の卑しめられた人々。

彼らが「神を誉めたたえながら帰っていった」ことは、私たちに何を伝えるか?

この貧しい心の中にいてくださるキリスト。
この貧しい心を自分では変えられない私たち。

しかし、キリストがこの中におられるのを見て、神を讃め称える人々が起こされていく。
→悪魔に勝利したキリストの神の国がこの世に広まっていく

“「心の貧しい者は幸いです。天の御国はその人たちのものだからです。” マタイの福音書 5章3節

この貧しい心に住うことによって、ご自分が真の神であることをキリストは証しされた。


音声バー非表示