教会の基本的考え
礼 拝 案 内
牧 師 紹 介
説 教 集
元気の出る聖書の言葉
本 の 紹 介
掲 示 板
お問い合わせ
メンバーのページ

弱い者なのに強くされ

ヘブル人への手紙第11章31節〜40節

岩本遠億牧師

2018年11月4日

11:31信仰によって、遊女ラハブは、偵察に来た人たちを穏やかに受け入れたので、不従順な人たちといっしょに滅びることを免れました。
11:32これ以上、何を言いましょうか。もし、ギデオン、バラク、サムソン、エフタ、またダビデ、サムエル、預言者たちについても話すならば、時が足りないでしょう。 11:33彼らは、信仰によって、国々を征服し、正しいことを行ない、約束のものを得、ししの口をふさぎ、 11:34火の勢いを消し、剣の刃をのがれ、弱い者なのに強くされ、戦いの勇士となり、他国の陣営を陥れました。 11:35女たちは、死んだ者をよみがえらせていただきました。またほかの人たちは、さらにすぐれたよみがえりを得るために、釈放されることを願わないで拷問を受けました。 11:36また、ほかの人たちは、あざけられ、むちで打たれ、さらに鎖につながれ、牢に入れられるめに会い、 11:37また、石で打たれ、試みを受け、のこぎりで引かれ、剣で切り殺され、羊ややぎの皮を着て歩き回り、乏しくなり、悩まされ、苦しめられ、 11:38――この世は彼らにふさわしい所ではありませんでした。――荒野と山とほら穴と地の穴とをさまよいました。 11:39この人々はみな、その信仰によってあかしされましたが、約束されたものは得ませんでした。 11:40神は私たちのために、さらにすぐれたものをあらかじめ用意しておられたので、彼らが私たちと別に全うされるということはなかったのです。

+++

信仰の先達として名を挙げられている人々
・遊女ラハブ・・・エリコを偵察に来た二人のイスラエル人を匿い、滅びから逃れる。後に、サルモンの妻となり、ダビデ王家の先祖となる。
・ギデオン・・・ミデアン人から逃れていた小心者。主の使いの声を聞き、立ち上がり40年間イスラエルを救う。しかし、戦利品で偶像を作り、偶像崇拝を引き起こす。多くの妻、70人の子供。
・バラク・・・女預言者デボラから、主の勝利が与えられると告げられるが、神が自分と共にいてくれるとは信じられず、デボラの出陣を要請。
・サムソン・・・怪力の大勇士。ペリシテの美女デリラに怪力の秘密(剃られていない髪の毛)を漏らし、目をえぐられ、奴隷とされる。最後、髪の毛が伸び、ダゴンの神殿の柱を倒して、ペリシテ人に大打撃を与える。
・エフタ・・・遊女の子、ごろつきの親分。イスラエルに乞われてアモン人と戦い、勝利。勝利の見返りに娘を人身御供にしてしまう。
・ダビデ・・・父エッサイが女奴隷に産ませた子。ペリシテの将軍ゴリアテに勝利、イスラエルの英雄、イスラエルの理想の王。王権が確立するとベテシェバと姦通、その夫ウリヤを殺害。イスラエル分裂の火種を撒く。
・サムエル・・・不妊の母ハンナの祈りに答え、主が与えられた子。王政前の最後の士師、預言者。神のことばによって腐敗した祭司エリの家を裁き、イスラエルを導く。初代王サウル、2代目王ダビデを任職。

信仰者として完全な者はいなかった。

「信仰によって」とはどのようなことを意味するのか?
「弱い者なのに強くされ」(11:34)
神の真実に触れられた時に、自分の中に立ち上がる真実と神への信頼に活かされる。信仰の勝利を与えられる。
彼らから弱さや罪深さそのものが取り去られることはなかった。勝利の後に罪を犯したギデオン、エフタ、ダビデ。

血で血を洗う狂気の時代に生きた信仰の先達
セレウコス朝シリアのエピファネス4世による神殿冒涜、拷問による背教圧力
→屈せずに殉教したものたち

この世は彼らにふさわしい所ではありませんでした。(11:38)
私たちはこの世に属する者ではない。
私たちの国籍は天にあります。そこから主イエス・キリストが救い主としておいでになるのを、私たちは待ち望んでいます。ピリピ3:20

11:39この人々はみな、その信仰によってあかしされましたが、約束されたものは得ませんでした。 11:40神は私たちのために、さらにすぐれたものをあらかじめ用意しておられたので、彼らが私たちと別に全うされるということはなかったのです。

約束されたもの=イエス・キリストによって与えられる神との完全な関係・永遠の命
私たちは、イエス・キリストにあって完全な者とされる。彼らも、イエス・キリストにあって完全な者とされる。

コリント人への手紙第二
12:7また、その啓示があまりにもすばらしいからです。そのために私は、高ぶることのないようにと、肉体に一つのとげを与えられました。それは私が高ぶることのないように、私を打つための、サタンの使いです。 12:8このことについては、これを私から去らせてくださるようにと、三度も主に願いました。
12:9しかし、主は、「わたしの恵みは、あなたに十分である。というのは、わたしの力は、弱さのうちに完全に現われるからである。」と言われたのです。ですから、私は、キリストの力が私をおおうために、むしろ大いに喜んで私の弱さを誇りましょう。 12:10ですから、私は、キリストのために、弱さ、侮辱、苦痛、迫害、困難に甘んじています。なぜなら、私が弱いときにこそ、私は強いからです。

コリント人への手紙第一
15:42死者の復活もこれと同じです。朽ちるもので蒔かれ、朽ちないものによみがえらされ、 15:43卑しいもので蒔かれ、栄光あるものによみがえらされ、弱いもので蒔かれ、強いものによみがえらされ、 15:44血肉のからだで蒔かれ、御霊に属するからだによみがえらされるのです。


音声バー非表示